栃木県内、宇都宮市で、ドアのリフォームをお考えであれば三峰にご相談ください。三峰では、通常のドアのリフォームはもちろん、国産杉をつかった手作りの内装ドアなどもご提案しています。押し戸、引き戸、スライドドアなど、家にあわせたドアのリフォームはお任せください。

内装ドア

内装ドアなら本職の建具屋が作るユニット建具をおすすめ!

建具と言えばよくあるものが、メーカーのダイケン・ウッドワン・パナソニック・ノダ・永大等の建具。しかし、当社でお勧めしておりますユニット建具は本職の建具屋がつくるユニット建具、杉のユニット建具『ソピアなごみ』や松・タモのユニット建具『ソピア』です。この材質、杉やタモの内装建具は他社でもほとんど見当たりません。後述で詳しくご紹介いたしますが、まずは品を見てみたい!という方は、三峰本社のショウルームに実際の建具が並んでおりますので、お気軽にお越しください。

ドア杉ユニット建具「なごみ」シリーズ

日本の杉を使用。国内で一から手作りしています。
日本の杉物語 “ SOPIA なごみ ” は、国産材にこだわりました。 日本の住宅本来の機構・風土に合う、日本古来の木材である杉を使用し、繊細なデザインに仕上げました。

木を無駄なく活かす。杉の源平を横ハギにすることにより、新たな意匠性に優れたものができました。横ハギにより、くるいも提言でき、無垢材の欠点を解消しました。
また、間伐材の有効利用など、環境に配慮した取り組みも行っています。

木は伐採しても呼吸しています。木は空間をさわやかな空気にしてくれます。また、調湿効果があり、快適な環境を作ります。

ひとつひとつ、違う実感があります。
工業製品の新建材と違い、生育環境から一つ一つが違います。一つとしても同じものの無い木の質感をお楽しみください。

当社の無垢材

内装『ソピア』はこんな方へおすすめ
  • どの建物を見ても似たような建具ばかりで人と違う建具が欲しい
  • 和風に合う内装ドアが少なく困っている
  • 杉の温かみに囲まれたい
  • フラッシュ建具ではなく重厚感のある無垢ドアにしたい
  • リフォームを期に一番目立つ、玄関とリビングの間の建具だけ豪華にしたい
  • 建具屋さんに頼むとフルオーダーなので高そうなので規格品から気軽に選びたい
  • 空間の雰囲気を左右する建具だからこそこだわりのものを選びたい

無垢の杉に囲まれた空間をご提案します。

建具、家具から造作材まで、天然無垢の杉に囲まれた、柔らかな空間をご提案します。杉の内臓材は視覚的に美しいだけでなく、かおりでもリラックスできます。まるで自然の中に居るような心地よい空間をつくり出します。

ドア・タモ・障子松 ソピアライト・ソピアシリーズ

SOPIA-LIGHT[ソピアライト]は、天然木 ( タモ・障子松 ) の持つ暖かさを生かしながら、様々な生活空間にお使いいただけるように、軽やか(LIGHT)でシンプルなデザインと、多彩なコーディネートをご用意いたしました。

無垢ドアの良さとデザイン性が融合!

湿度を調節する機能、カビやダニを抑える機能、化学物質を吸収する機能、無垢材は化学物質を一切含まない、本当の健康・安全な素材なのです。

ソピアシリーズは【健康・安心】を追及するために木へのこだわり、 【快適・安らぎ】のために質感へのこだわり、さらに快適な住空間に必要な両者のバランスを追及しています。

純天然木ソピアシリーズを高機能化する、まったく新しいアプリケーションです。 扉やドアの小口に天然素材を装填し、その効用を住空間に活かします。

ご存知ですか?素材と構造の違い。

純天然木『ソピア』の施工例の一部です。 住まうほどに、ふれるほどに、その温もりと優しさが伝わる無垢の空間。 ハウスプランに合わせて、様々な扉を提案しています。

内装ドアのご注文の流れ(お見積り無料)

新築でお考えの方:既に建築屋さんへ建築ご依頼済でしたら、お客様のご要望の建具を取付完了まで、打ち合わせを建築屋さんと直接お打合せさせて頂きます。 これからどこの建築屋さんへ依頼するか決めていく場合は、建具の資料をご用意致しますので、その資料を建築屋さんへお渡し願い、そのご担当者様と打ち合わせをさせて頂きます。
リフォームでお考えの方:直接当社へお問い合わせ頂く場合、ご自宅にお邪魔させて頂き、お打合せを進めてまいります。リフォーム会社へご依頼済の場合、取付完了まで打ち合わせを建築屋さんと直接お打合せさせて頂きます。
修理をお考えの方:直接当社へお問い合わせ頂き、現物を確認させて頂いたのち、お見積りご提出致します。

内装ドア(ユニット建具)リフォームの注意点

規格寸法(特寸も可能です)にて大量生産の為価格を抑えております。枠ごと交換か建具のみの交換にするかが最初の選択肢です。建具のみの交換で出来る場合は約1/3と思われ、それ以外は既存の枠の解体工事からになります。既存の枠を解体しない場合は、現作建具のページをご覧ください。

建具の豆知識①差別化がしにくい建具は他とかぶらないものがオススメ。

一般的に使われる内装ドアメーカーはダイケン・ウッドワン・パナソニックなどが一般的です。ある建築屋さんの工事部長は、内装ドアで他社建築屋さんと差別化が難しいと漏らしてました。それだけ、一般的なメーカーからですと、他の家との違いがつけにくいのです。
また、ある設計士さんは、建具のデザインが設計士の見せ場なので、ユニット建具を使わず、すべて現作建具にすると言ってました。その空間のテイストを左右するのが建具なのです。(もちろん、その他に床材とカーテンなども)。
壁紙の微妙な色の違いに悩む前に、床材と建具とカーテンのテイストをまず決めてしまえば、自然に壁の色調は決まりやすくなります。ユニット建具を希望するのであれば、ここでご紹介している「なごみシリーズ」などをおすすめしています。また、空間の更なるグレードアップには、塗り壁がお勧めです。

建具の豆知識②依頼する場所によってお勧めされる建具が変る!

ハウスメーカーさんは、全国標準品質の為、建具はそのハウスメーカーさん標準品を建具メーカーに特別に作ってもらいますので、『この中からお選びください』となります。
ビルダーさんは、『どの建具メーカーでも入れられますが当社標準は○○メーカーです』となります。
工務店さんは、『どの建具メーカーでも入れられますが、出来ればオリジナルがこの空間には合いますよ』となります。
設計士さんは、『お客様のテイストに合わせて、こんな建具のデザインはどうですか?』となります。
我々三峰の場合は後者のお客様に合わせてご提案が出来る会社です。是非安心してご依頼ください。

宇都宮のリフォーム会社三峰ホームページTOPへ